お酒は飲むべきか? | ガールズバ―に入店すれば誰でも数十万円もの月収が実現できる? menu

お酒は飲むべきか?

ラベンダー畑に来ている女性

どれだけガールズバ―が稼げるというのをわかっていたとしても、やはりいろんな心配事ってあると思います。
一度も働いたことがない人からすれば、もちろん未知の世界だと思いますので怖いですよね。
だからここでは、不安を取り除くような話をしていきたいと思います。

まずガールズバーの仕事といったら、やはりイメージするのがお酒でしょう。
夜のお店の仕事というのは、どのお店でも基本的にお客さんにだけお酒を提供するのではなく店員である自分も飲むことが多いです。
つまりお酒が弱い人は、本当にガールズバ―なんかに入店してもちゃんと務まるのか?といった不安がよぎってしまうと思います。
しかしそんなことは、もちろん気にする必要ありません。
ガールズバ―に入店した際にもしお酒が苦手だったら、飲まなければいいだけです。
ただし、飲めないことは必ず面接のときに伝えるようにしてください。
飲めると嘘をついて入店してからやっぱり無理ですといっても、あなたのイメージが悪くなるだけです。
あらかじめ飲めないことを伝えておけばソフトドリンクで接客させてくれたりするので、ちゃんと伝えておきましょう。

ただお酒を飲む機会というのは、お客さんからご馳走になるときが基本です。
そのためストレートに断るのはちょっと難しいなと感じてしまうでしょう。
もし断りにくい場合は、とにかく水で割ってアルコールを少なくすることを意識してください。
お酒をご馳走になるといっても用意するのは働いているあなたになります。
つまり自分でいくらでも調節することができますので、体に負担にならないように水で割ればいいと思います。